Wedding reportウエディングレポート

ホーム > ウエディングレポート > 12本の薔薇で、想いを繋げるウエディング

12本の薔薇で、想いを繋げるウエディング

12本の薔薇で、想いを繋げるウエディング

皆様は「ダーズンローズ」というセレモニーをご存知でしょうか?

ご新郎様が、全部で12本の薔薇をゲストの方から想いと一緒に受け取り、ブーケとしてご新婦様にお渡しをします。
薔薇には「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」…など12本それぞれに意味があり、その全てを誓います、という意味が込められています。

今回ご紹介するおふたりは、大聖堂挙式内でこのダーズンローズセレモニーをプラス。
想いのこもった赤い薔薇のブーケが完成です!温かな雰囲気に包まれたお式となりました。



  • アクリル板の設置や可愛いデザインのアルコール消毒液でゲストの方も安心なNEW Normalでかつお洒落なご披露宴がスタート!




  • 高砂の装花もクラシカルで可愛らしい会場コーディネートです。





  • お色直しは和装で一新してご入場! 当館で大好評なランタンバルーンの演出で、披露宴会場は一気に幻想的な空間に。 その後もご友人様による楽器演奏のご余興など楽しいお時間を過ごされました。




    おふたりの幸せな笑顔と、ゲスト皆様の思いが沢山詰まった特別な1日となりました!


    会場名:ヴェルサイユ

    ページTOPへ